買い取り

昔もらったけど今ではもう使っていないようなアクセサリーや腕時計の処分

もう要らなくなった指輪などの金製品を持っている人は、買取ショップに引き取ってもらうことをオススメします。

でも、それぞれのお店で買取金額は大きく違ってくるので、複数のお店の情報を比較検討して好条件の買取をしている店舗に売るのが得策です。

一点だけならともかく、いくつも売る場合は、僅かな基準額の差で大きな違いが出るため、店の選択には注意しましょう。昔もらったけど今ではもう使っていないようなアクセサリーや腕時計といった金製品の処分に困っている方もいるかもしれません。
そんなときは買取ショップで換金しましょう。金やプラチナの買取を扱っている店舗を探し、ウェブサイトなどに載っている買取価格を参考にして、どこが一番高値を付けてくれるか比較検討するのが賢いやり方です。

その他にも様々な条件で買取価格が変わるので、情報収集を怠らないことが肝要です。
金の買取において、少しでも高値を付けてもらうことを目指すなら、買取手数料などが無料、あるいはなるべく安い店舗を頑張って探してみるのが第一歩だといえます。金の価格は日によって上下するので、最適の売却タイミングを狙うことも必須であるといえます。少しずつ売るより一度に多く持ち込んだ方が買取額で有利になりますから、10グラム程度を手放すだけであれば、そこまでシビアに気にすることはないです。

貴金属の高額買取という広告やサイトが最近はネット上に溢れていますが、相場より高く買い取るなどといった広告はほぼ詐欺か悪質業者ですので、上手い話に騙されないようにしましょう。

金製品を売却したいと思っても、一番肝心なお店選びの段階で最初は迷うものですよね。

折角売るなら、高値をつけてほしいというのは誰だって考えることですよね。

では、どんな基準で選べばいいのか。
ポイントは、「利用者からの人気」が第一です。

多くのお客さんから高く評価されているお店なら、それだけ買取に満足だったケースが多いのが容易に見て取れます。

金のアクセサリーを買取に出そうという際に、第一に思いつく選択肢は、最近多い「金・プラチナ買取」系のお店ですよね。

しかし、そういう店はなんとなくコワイという人や、一人で入るのは勇気が要るという方が私の周りにも多くいます。

そんな方にオススメなのが、デパートで実施している金買取です。

よく見かけるのは、催事場で期間限定のイベントとして開催している場合です。
デパートならば信用もあるということで、初めての方でも利用しやすいでしょう。金の指輪やネックレス、ブレスレットなど、かつて気に入っていたけど今となっては身に付けることのなくなった貴金属を自宅に置いたままにしておくのはいかにもムダでしょう。
貴金属を持て余している方は、「金・プラチナ買取」を掲げている店に買取をお願いしてみましょう。金は劣化しないので、古いアクセサリーでも価値があるのです。24カラットの純金の場合、購入時の相場はグラム4800円くらいでしょうか。買取となればそれより若干安くはなるものの、二束三文で買い叩かれるのではないかと思っているなら、その予想を覆す高い金額で売却できる可能性が高いです。

金の購入と売却でちょっとした利鞘を稼げるチャンスがあります。

金を購入する際は、その時の消費税率に応じて消費税を支払うわけですが、ここからがポイント。

金を買取に出す際には、お店から受け取る買取額には消費税分が上乗せされるのです。ということは、消費税が上がる前に金を買っておくと、その後の売却によって、消費税の増税分を得できることになります。

消費増税サマサマじゃありませんか。
さらに、日本は諸外国と比べて消費税率が低いので、日本で金を購入し、ヨーロッパ諸国など、消費税率の高い国で売ることでも同じような稼ぎ方ができますが、これは高等テクニックと言えますね。残念ながら金買取には悪質なケースもあります。

業者が家を訪れ、納得できないような安価で強引に金を買い取っていく、訪問購入と言われるスタイルで被害に遭ったという方が最近増えているようです。この手の業者は、最初こそ優しそうな顔をして話をしてきますが、こちらが申し出に応じなければ、半ば脅しのように迫って買取を進めるというケースもあります。

当然、こういうことをする業者はまともな商売人ではなく、後々の証拠となるような書類もほとんど渡してくれないので、被害に遭わないよう十分注意してください。今も昔も、金のような貴重品は保存場所が一番のネックのようです。

大した量でなければ自宅に置いておいてもいいのですが、一定量を保管するなら金庫は必須となるでしょう。

自宅に置いておける限度を超えて金を所有するときは、最悪、強盗殺人の被害などにも遭いかねないので、取引のある銀行で貸金庫を借りている例も多いですし、金を購入した業者で厳重に保管するサービスを利用していることも多いようです。

それでも、どうしても不安なら、金で財産を保有することを諦め、現金にしてしまうのも選択肢の一つです。
金買取のシステムは店によって千差万別です。

鑑定にかかる鑑定料や、買取時の店の取り分である買取手数料を取る店もあります。
金の溶解時に目減りする分を差し引いてくる店もあります。
買取時、こういった費用を取る店だったら、最初の提示価格は高くても、諸経費の分、買取の対価として実際に手元に入る金額は随分減らされてしまうのです。こうなると売らない方がよかったかも?と思ってしまいます。特に初めての方は、利用する店舗を決める際に、この点を確認しておくことをお勧めします。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>